収支大会稼働しまくってます。今日は、思い出の機種「コードギアス反逆のルルーシュ」について語っていこう。

2201036mc2_1

スロットに深くはまるきっかけとなった機種です。前置きをしておくと、2006年に友人から勧められた「涼宮ハルヒの憂鬱」というアニメを見てから、色々なアニメを見るようになってました。それぐらいにハルヒという作品に魅せられました。それまでは、書店でラノベの欄に行くのも躊躇われたぐらいだったので、我ながら劇的な変化だと思います。

ゼロの使い魔・ひぐらしのなく頃になど面白い作品には多く出会えたものの、ハルヒの衝撃を超えることはできませんでした。そんな中出会ったのが、この作品です。2話目を見た時点で完全にハルヒに並んだと感じるほどでした。ハルヒとは違い、リアルタイムで見ていて、これほど一週間が待ち遠しいアニメは、未だにありません。個人的には「紅蓮 舞う」~「せめて哀しみとともに」までの流れが最高でした。

ところで、期待値稼働をする前は、パチンコがメインで、少しサクラ大戦3を打っていたのですが、全く勝てなかったこともあり、スロットといったん離れていました。そんな中、アニメにかなりはまっていた作品がパチスロ化、これは打つしかないでしょ。

続きは次の更新で。